Menu

意外と身近な東京の合唱団!その魅力とは

最近、テレビなどで合唱コンクールやプロの東京の合唱団が取り上げられることが多くなっています。東京の合唱団は選ばれた人だけが所属するプロ集団というイメージがありますが、最近はアマチュア東京の合唱団も増え、意外と身近な存在でもあります。

東京の合唱団とはどんな団体?

合唱とは、いくつかのパート(声部)に分かれた複数の人が歌うことで、その形態は2部合唱、3部合唱などさまざまあり、また東京の合唱団の形態も男声東京の合唱団、女性東京の合唱団、混声東京の合唱団などいくつかあります。東京の合唱団に所属する人の年代も、少年東京の合唱団のようにある年齢以下の子供だけで歌うものや大学生のサークル活動、社会人が自主的に集まるコーラスグループなど多岐にわたっています。各都道府県内に複数東京の合唱団があることが多く、随時団員を募集している団体も多くあります。練習は団体にもよりますが、社会人のグループは週1・2回程度、週末などに公民館などに集まって練習をすることが多いです。定期的に演奏会を行っている団体も多く、そうした演奏会の前になると練習が過熱することがよくあります。

どんな歌を歌うの?

東京の合唱団で歌う合唱曲のジャンルは幅広く、童謡やポピュラーミュージック、讃美歌などの他、合唱用に作られた曲を歌うことも多いです。このような合唱用に作られた曲は、各パートの相乗効果でより魅力的な音楽が出来上がるように工夫されており、歌詞もメッセージ性に富むため、歌うほうも聴くほうも感動します。難解な曲も多いですが、みんなで力を合わせて出来上がる合唱は達成感があるものです。明治時代以降に日本で作られた唱歌なども合唱で歌うとパワフルで聴く人を圧倒します。外国語の歌を歌うこともありますが、外国語の勉強にもなって一石二鳥ともいえます。日本のポピュラー音楽なども、東京の合唱団が歌うと歌手が歌っているのとはまた違う味わいになります。

ちゃんと歌えるか心配な人は

そうはいっても、学校の文化祭などで歌った以外に合唱をしたことがないという人も多いはずです。そのような方も、アマチュア東京の合唱団であれば初心者でも入れるところが多くあります。入団後に発声トレーニングなどを行うことで、それまで出すことのできなかったような音域や音質の声を出せるかもしれません。自分は音痴じゃないかと悩んでいる人も、指導を受けることで改善されるかもしれません。また、東京の合唱団は合唱をする人だけが集まっているのではありません。指揮者や伴奏者も東京の合唱団のメンバーです。合唱は得意じゃないけどピアノは弾ける、指揮はやってみたい、という人も身近な東京の合唱団に問い合わせてみましょう。最近では古楽器を伴奏として使う東京の合唱団もあります。